スマートグリッドの可能性と危険性

執筆者:五十嵐卓 2009年9月号
カテゴリ: 国際 経済・ビジネス
エリア: 北米

米オバマ政権が打ち出した「賢い電力網」構想。世界の電力供給の形を変えることは本当に可能なのか。 電力は発電所から家庭やオフィス、工場に届くまでに送電線、変電所、変圧器などを経由する。その仕組みは乾電池と電球をつなぐようなイメージをもたれがちだが、当然ながらそれほど単純ではない。送配電網には多数の発電所と莫大な数の顧客がつながっている。顧客はエアコンや電灯、エレベーターを予告なく起動し、必要なくなれば予告なく消す。電力会社はそうした需要のめまぐるしい変動に対応しながら、電力を安定供給する義務を負っており、それは一般に考えられるよりはるかに複雑で高度なサービスといえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top