激化する「食料」と「環境」の相克

執筆者:井田徹治 2010年4月号
カテゴリ: 環境・エネルギー

温暖化の進行で収穫量は減る。さらに、温暖化対策が食料を奪う。危機を回避するための手段は提示されているのだが……。 二〇三〇年――。国連の推計によれば、地球上に暮らす人の数は、現在より十八億人多い八十三億人となる。新興国を中心に食料の需要は急増するとみられるが、農業生産は追いつかない。今後、さまざまな形をとった食料の奪い合いが激しさを増すだろう。 農業生産を減らす大きな要因は、地球規模の気候変動だ。経済協力開発機構(OECD)によると、世界の温室効果ガスの排出量は、目立った対策が取られなかった場合、今後二十年間で現在の約五百億トン(二酸化炭素換算)から三七%増え六百八十億トンに達し、世界の平均気温は〇・四度上昇する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top