イスラム過激主義の台頭が教えるアフリカ研究の陥穽

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2010年9月24日
カテゴリ: 経済・ビジネス 国際
エリア: アフリカ

 日本には大勢のアフリカ研究者がいます。アフリカ各地の民族や社会を文化人類学の観点から捉える研究には長い歴史があり、本欄のもう一人の「専門家」である平野氏のような開発経済学や政治学などの社会科学分野の優れた研究者も多数存在します。

 しかし、広大な大陸の全ての領域が網羅されているわけではなく、ほとんど手つかずの空白の研究分野も当然ながらあります。そうした領域の一つは、1990年代以降のアフリカにおけるイスラム過激主義の台頭についてではないかと思われます。

 西アフリカのニジェール北部のアーリットで9月16日、ウラン鉱山の操業に関連するフランスの燃料会社アレバの社員ら7人(フランス人5人、トーゴ人1人、マダガスカル人1人)が、何者かに拉致されました。

 9月21日になって、北西アフリカ一帯で活動する「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ組織(AQIM)」が犯行声明を出しました。中東の衛星テレビ、アルジャジーラは「フランス政府にわれわれの要求を伝える」とする同組織報道官の音声を放送し、フランス政府はテロ対策チームをニジェールに派遣して対応に当たっています。同組織は今年7月、78歳のフランス人男性をニジェールの隣国マリで拉致し、フランス政府の救出作戦が失敗した結果、男性は殺害されました。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順