オバマ、インド、中国

執筆者:フォーサイト編集部 2010年11月19日

 今朝の朝刊をざっと眺めてみても、菅政権の惨状は目に余ります。とはいえ、「次は誰に変わるのか」「自民党に戻すのか」という問いに明確な答はないようにも思えます。この閉塞状況をどう打開すべきなのでしょうか。

 本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー オバマ大統領『中国抜きアジア歴訪』の評価」。インドで得点を稼いだはずのオバマ米大統領ですが、韓国での不成果が米国内で大きな批判を浴びています。ただし、もっと大きな枠組みでの評価をする論調もあります。現在の世界情勢において、中国ファクターは避けて通れません。

「専門家の部屋」では、2つの新エントリ。

尖閣諸島漁船衝突ビデオの流出事件について、アフリカ国家論から思う」(アフリカ):アフリカ国家論を踏まえた、ビデオ流出事件に関する興味深い論考です。

ますます鮮明になりつつある米政治の『分極化』」(アメリカ):現在アメリカご出張中の足立正彦さんからのエントリ。キーワードはpolarizationです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順