改革派官僚に聞く

執筆者:フォーサイト編集部 2010年12月13日

 本日の更新記事は、「改革派官僚に聞く(上) やりたい放題の『官の巻き返し』を憂う」。改革派官僚として知られる経済産業省の古賀茂明氏。野党の参考人として国会で答弁し、仙谷官房長官に「恫喝された」と話題になりました。本日お届けするインタビューの前篇では、なぜ霞が関改革がいま必要なのか、そしてここ数年で積み上げてきた改革の成果が、民主党政権のもとでいかに失われているかをお話しいただいています。  「専門家の部屋」では、3つの新エントリ。  「中国で増えている『傍傍族』ってなに?」(中国):「パン・パン・ズー」と読みます。最後はコネに頼るという、中国人の本質が露わになってきているようです。  「総理のボーナス500万円強の算定根拠」(行政ウォッチング):都合の良い時だけ官の論理にすがる、菅政権の姿勢は評価できるものではありません。  「コートジボワールという国-選挙のあとにくる関門」(アフリカ):アフリカ近代史の中で大きな存在感を誇ったコートジボワールが陥っている混乱。アフリカでは選挙の後に、「選挙の結果を認めさせる」という大きな関門が存在します。  

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順