饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(30)

ムベキ南ア大統領を最大級に歓待したアメリカ

西川恵
執筆者:西川恵 2000年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ 北米

 昨年、マンデラ前大統領を継いだ南アフリカのムベキ大統領夫妻が五月二十二日、国賓として米国を初訪問し、同夜、クリントン大統領夫妻が主催する歓迎晩餐会がホワイトハウスでもたれた。 この訪問で米大統領がどのようにムベキ大統領をもてなすかは、エイズ撲滅運動を推進する米国のNGO(非政府組織)や医療関係者にとって大きな関心の的だった。というのは今年になって両国間でエイズ治療をめぐり論争が展開されてきたからだ。 南アは、エイズを発症させるといわれるHIVウィルス保持者が国民の約一〇%を占め、特に妊婦は二〇%を超える。HIVウィルスに有効な治療薬AZTは高価なためほとんど使われず、米、南アの医療関係者は「AZTを無料配布すべきだ」と主張してきた。 しかし一部の米人研究者は、ウィルス保持者の発症が比較的低いことから「HIVとエイズに関連性はなく、貧困や栄養不良がエイズの原因」と主流学説に異を唱え、ムベキ大統領もこれに同調し、「エイズに対するAZTの効能は確認されていない」と、今年になって妊婦への使用を禁じた。エイズ対策のために設立した南ア政府の聴聞機関にも、非主流学説の米人研究者をメンバーとして入れた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順