武力衝突の恐れもある中東情勢

執筆者:村上大介 2000年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

バラク、アラファト双方を襲う「交渉決裂」の余波[カイロ発]「キャンプデービッドで合意に署名していれば、それはパレスチナの自己否定と内部崩壊、さらには外部との新たな紛争につながっていただろう。今回に関していえば、決裂は合意よりはるかにましな選択だった」(パレスチナのスポークスパーソンを務めたハナン・アシュラウィ女史)「エルサレムやパレスチナ難民の問題で譲歩を示したイスラエルの首相はバラク氏が初めてであり、彼が最後になるかもしれない。パレスチナ人はチャンスを逃す機会だけは逃さないといわれてきたが、今度ばかりはチャンスを逃さないことを願う」(イスラエルの広報担当を務めた労働党国会議員、アビタル・コレット女史)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top