自然エネルギー 環境保全と経済成長を調和させる力

執筆者:水木楊 2001年3月号
エリア: 日本

 今年の夏、北海道の宗谷岬近く、浜頓別町に珍しい風車が生れる。風車の形が珍しいのではない。市民が出資して作る、初の風力発電所なのだ。会社名は「北海道市民風力発電」。二月十日、資本金二千五百万円で発足した。 風車の総工費は二億円。市民の出資分は自己資本に充当し、残りは銀行融資などでまかなう。補助金は一文も使ってはいない。発電量は年間二百六十万キロワット時。一キロワット時当たり十一円九十五銭で北海道電力に売電し、北電は出資者である市民九百世帯に電力を供給する。出資は一口五十万円。発足五年後あたりから二%の配当が可能になるという計算である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順