活字中毒者たる私の三冊

成毛眞
執筆者:成毛眞 2001年7月号
カテゴリ: 文化・歴史 書評

 物心ついた時にはすでにSF少年で、この四十年間、常に本に取り囲まれて生きてきた。というか、身近なところに本がないと安心出来ない私は、典型的な「活字中毒」なのだ。ネットで注文するようになったこの二年で八百冊以上の本を取り寄せているし、いろんなところから送られてくる本が毎月二十冊くらいある。ネット以外に自分で本屋で買っているのは年に四百冊から五百冊。結局、平均すると年に七百冊から八百冊の本に目を通している計算になる。 真っ先に手が出るのはSF。アーサー・C・クラーク、アイザック・アシモフはじめ、好きな作家の本はたいてい全部読む。経済小説や面白そうなノンフィクションも放っておけない。「イカレた科学者本」も大好きだし、歴史本も捨てがたい。近世の文化に興味があるうえ「飲み屋で芸でもやってもててやろう」などというささやかな願望もあるから歌舞伎や建築の本も読んだりする。本業の経営や経済関連の本にももちろん目を通す。結局、本を読んでいる合間に仕事をしているようなものだ。 数あるお勧め本の中から今回は三冊を選んでみた。『利休 茶室の謎』(瀬地山澪子著、創元社)は、一昨年ガンで亡くなったNHKの女性ディレクターの手によるノンフィクション。利休作と言われる現存する唯一の茶室(京都・山崎の待庵)の意匠、すなわち「にじり口」や「小間」が、実は朝鮮半島における儒教学者の居室の模倣だったことを解き明かしていく。堅そうなテーマだが、NHKの『歴史誕生』の番組作りと並行して語られており読みやすいうえ、「小間(コマ)」が実は「高麗」から転じた読みだったらしいことに気付くなど、謎解きの面白さもある。私は、趣味のダイビングでちょくちょく沖縄に行くのだが、東アジア文化圏の中にある沖縄では朝鮮や中国の意匠を目にすることが多い。夏休みを沖縄で過ごされる読者は、海辺でこの本のページを繰るのも一興だろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
成毛眞
成毛眞 中央大学卒業後、自動車部品メーカー、株式会社アスキーなどを経て、1986年マイクロソフト株式会社に入社。1991(平成3)年、同社代表取締役社長に就任。2000年に退社後、投資コンサルティング会社「インスパイア」を設立。さまざまなベンチャー企業の取締役・顧問、早稲田大学客員教授ほか、「おすすめ本」を紹介する「HONZ」代表を務める。著書に『本は10冊同時に読め!』『日本人の9割に英語はいらない』『就活に「日経」はいらない』『大人げない大人になれ!』『ビル・ゲイツとやり合うために仕方なく英語を練習しました。 成毛式「割り切り&手抜き」勉強法』など(写真©岡倉禎志)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順