ベルリン五輪と北京五輪

執筆者:生島淳 2001年8月号
カテゴリ: スポーツ

 アメリカに出張すると、必ず朝のニュースショーにチャンネルを合わせる。お気に入りはNBCの「TODAY」。この時間帯の番組で最も視聴率が高いためだろう、俳優政治家など、アメリカの一流どころが毎朝と言っていいほどインタビューで顔見せしてくるので見逃せない。 アメリカの朝のニュースショーは、日本と違って報道局が制作しているので、「ショー」とはいっても、日本と比べれば中身はかなり硬派である。日本の場合、ワイドショーを手がける社会情報局が朝の情報番組を作ることが多く、年々バラエティ色が強くなってきている。 スポーツ関係のニュースひとつとってみても、日米間ではその取り上げ方の違いに唖然とする。先頃、二〇〇八年のオリンピック開催地に北京が選ばれたが、この時、アメリカのニュースショーの切り口は、北京、いや、中国に対してかなり辛辣だった。 まず、北京オリンピックに反対する下院議員が登場し、「オリンピックが人権の発展、向上につながるとは限らない」 と釘を刺し、「オリンピックが国威発揚の舞台として利用されたことは、歴史が証明している」 として一九八八年のソウル・オリンピック、さらには一九三六年のベルリン・オリンピックのシーンが映し出され、ヒトラーの演説シーンで幕を降ろした。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
生島淳 1967年生れ。広告代理店勤務を経て93年よりライターとして活躍。著書に『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順