「金正日同志の華麗な独裁」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2001年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

「共産党主義の亡霊来る」「悪党、恥を知れ」――。24日間にわたる金正日朝鮮労働党総書記の訪ロを報じるロシア紙には、過激な見出しが躍った。厳重警備の中、シベリア鉄道を超低速運転で進んだ“お召し列車”は、ロシアの列車ダイヤを大幅に狂わせ、庶民にはいい迷惑だったらしい。列車への投石やレールに石を置く妨害事件も伝えられた。 一方で、ロシア人にとって、「共産主義の亡霊」は、得意のアネクドートの格好のネタを提供したようだ。 金正日総書記の訪ロ準備にあたる北朝鮮代表団がクレムリンにやって来た。 代表団「金正日同志がレーニン廟を訪れた時、レーニンが立ち上がって、朝鮮語で歓迎のあいさつをするようにしてほしい」 ロシア高官「それはできない。レーニンは朝鮮語が話せないのだから」 代表団「金同志がモスクワに来るまでに1週間あるのだから、それまでに覚えられる」 モスクワのレーニン廟での金総書記とレーニンの対話。 レーニン「おお、君か。君の政策は厳しすぎるようだな。国民は付いてこないだろう」 金総書記「わたしに付いてこれないなら、(あの世にいる)あなたに付いていくだけです」 金総書記が遂に寿命を終え、天国に迎えられた。神が総書記に尋ねた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順