松下の「破壊と創造」は日本経済再生の試金石

執筆者:喜文康隆 2002年1月号
カテゴリ: 経済・ビジネス

「企業家の機能を実際に果たしている者が企業家なのであるから、時には雇用契約により就任した『役員』がそれに該当する場合もありうる」(J. A. シュンペーター『企業家とは何か』)     * 日本の経営者の中で、いま誰よりも真剣に「企業」と「会社」の違いを哲学しているのは、恐らく松下電器産業の中村邦夫社長ではないだろうか。 平成デフレとよばれる閉塞状況のなかで、松下幸之助はブームになっている。裸一貫で創業し、昭和恐慌、第二次世界大戦、昭和四十年不況、オイルショックなど数々の危機を乗り切り、松下グループを日本最大の企業集団に育てあげた松下幸之助。しかし、当の幸之助が作り上げた企業集団の嫡子である松下電器産業が、創業以来最大の危機に直面しているのは何とも皮肉である。 一年半前に社長に就任した中村は「破壊と創造」をキャッチフレーズに掲げ、一昨年末、松下幸之助が一九三〇年代に作った経営のシンボルとも言える事業部制の廃止を決めた。そして昨年末には、松下通信工業、松下寿電子工業、九州松下電器など主要子会社を株式交換によって完全子会社化する方向で最終調整に入った。 中村が掲げた「破壊と創造」の由来は、シュンペーターが企業家精神を象徴する言葉として作り出した「創造的破壊」である。中村が手掛けようとしていることは、たとえ松下幸之助が作った制度でも必要とあらば廃止することで、「会社」をふたたび「企業」にしようという挑戦ともいえる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順