「小泉純一郎の密かな愉悦」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2002年1月号
カテゴリ: 政治
エリア: 日本

 日本の1990年代は経済だけでなく、政治も「失われた10年」だった。米国のクリントン前大統領と渡り合った日本の首相は7人。かつて、物忘れのひどかったレーガン元大統領は、竹下登元首相との首脳会談前、「TAKE SHIT(A)」(こんちくしょう)と記憶して会談に臨んだという実話があるが、外国首脳がころころ変わる日本の首相の名前を覚えるのは難しい。クリントン前大統領とエリツィン前ロシア大統領が対談し、激動の90年代を回顧していた。 クリントン「ところで、あの時出てきた日本の首相は誰だったか。ミヤザワ、ホソカワ、ハシモト……」 エリツィン「アルベルト・フジモリだったと記憶している」 その点、小泉純一郎首相は、改革志向、高い人気、個性の強さで欧米首脳の間でも記憶に残る政治家である。世界で「コイズミ・ジョーク」が出始めたことも、知名度のバロメーターが上がっていることを示している。 ただし、日本経済はデフレ不況、失業、不良債権問題と低落の一途で、「コイズミ・リセッション」(小泉不況)ともいわれ始めた。小泉ジョークも日本の経済危機を反映したものばかりだ。 ブッシュ米大統領には、100人のシークレットサービスがいる。そのうち1人はテロリストだが、ブッシュ大統領はそれが誰か知らない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順