ミロシェビッチの裁判が開けたパンドラの筐

執筆者:ルイーズ・ブランソン 2002年4月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

元国家元首の戦争責任を問う史上初の裁判がオランダのハーグで始まった。しかし、ミロシェビッチの反撃によって当初の思惑ははずれ、セルビアはさらなる混迷に陥りつつある。[ワシントン発]二月十二日、スロボダン・ミロシェビッチ(六〇)の戦争犯罪を裁く本格的な審理がオランダのハーグ法廷で始まった。これは元国家元首の戦争責任を問う史上初の裁判で、“バルカンの虐殺者”として知られる元ユーゴ大統領は、今後、最長二年間におよぶ裁判で、コソボ、ボスニア、クロアチアで行なった大量虐殺を含む六十六件の犯罪容疑で審理を受けることになる。 だが、この歴史的裁判には、早くも暗雲が垂れ込めている。大失敗に終わるのではないかという恐ろしい可能性が浮上しているのだ。 ハーグの旧ユーゴ国際戦犯法廷は、国際正義の新たな幕開きを告げ、やがてはタリバンの最高指導者オマル師や、イラクのサダム・フセイン大統領といった人物を裁く規範が示されるものと期待されてきた。ところが、この数週間の推移をみるかぎり、裁判の効果は裏目に出て、成果どころか、逆に悪影響が出はじめているのである。 尊大なる無関心を装った数カ月を過ごしたミロシェビッチは、洒落たスーツにセルビア国旗の青白赤をあしらったネクタイ姿で法廷に現われ、弁護士を立てることなく、自ら反撃を開始した。指を突き上げ、陰惨な焼死体の写真を振りかざしながら、NATO(北大西洋条約機構)こそが一九九九年のコソボ空爆でセルビア人を不当に殺害した「真の」戦争犯罪人だと主張した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
ルイーズ・ブランソン イギリス出身。英『サンデー・タイムズ』紙モスクワ支局長を経てフリーランスに。米『ワシントン・ポスト』紙元モスクワ支局長で夫のダスコ・ドーダー氏との共著に『ミハイル・ゴルバチョフ』『ミロシェビッチ――暴君のポートレイト』がある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順