修復されたヴェッキオ宮に踏み入って

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2002年4月号
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ

 夕刻が近づいていた。フィレンツェの街を流れるアルノ川は、沈みゆく太陽で黄金色に染まり、ウフィッツイは、汲み尽くせぬ美に眩暈を覚え、疲労しつつも満足気な表情を浮かべた人々を放出する。ヴェッキオ宮殿の鐘楼は、暮れゆく空を背景に一層、その特徴ある姿を際だたせていた。その下の石造りのファッサードを過ぎ、先頃、修復を終えた宮殿内に入ってみた。十六世紀以来、二世紀にわたってメディチ家の城だったこの建物は、輝く栄光の陰で、不可解な死が続いた一族の歴史と同じように謎につつまれている。修復のたびに判明する意外な事実が美術史家を驚かせ、その全容は未だに解明されない。 初代トスカナ大公・コジモ一世がフィレンツェ共和国の政庁舎をヴェッキオ宮殿として改修させ、移り住んだのは一五四〇年。都市国家が絶対主義に道を譲ったことを象徴するできごとだった。ナポリ王宮から后エレオノーラを迎えたコジモは、息子にはハプスブルク皇帝の妹を娶らせ、公国の足固めをはかる。ミケランジェロはもはや六十五歳の老境にあり、時代はのびやかで自由な人間精神を愛したルネサンスから、権力者の栄光を装飾的に裏書きするバロックへと針を進め、その狭間でこの宮殿の室内装飾に代表されるマニエリスムというあだ花を咲かせた。たとえば、ボッティチェッリの「春」が持つ開放感に比べ、蛇のように体をくねらせるこの時代独特の人体表現は、なぜか妖気が漂い、どこか病んでいる。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順