饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(54)

ノルマンディーからの政治的メッセージ

西川恵
執筆者:西川恵 2002年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 ロシアと欧州歴訪の一環として、ブッシュ米大統領は五月二十六、七の両日、フランスを公式訪問した。二十六日は日曜日だったが、ブッシュ大統領とシラク仏大統領は会談を持ち、共同記者会見を行なった。夜はブッシュ大統領の歓迎晩餐会が開かれた。 共同記者会見でブッシュ大統領は「シラク大統領は『エリゼ宮の料理は他に比べられないほど美味しい』と言っている。今晩、わたしは彼にそれを証明する機会を与えるが、どれだけ話がはずむかでわかるだろう」と、会場の笑いを誘った。ただ確かに晩餐会はワーキング・ディナーとはいえ、シラク大統領の言葉と違わなかった。 フォワグラ、ソーテルヌワインのゼリー寄せと仔羊のロティー、トリュフとともに サラダ チーズ チョコレートのシンフォニー シャトー・リューセック89年 シャトー・ラフィット・ロートシルト86年 シャンパン ドン・ペリニョン93年  シャトー・リューセックはボルドー地方ソーテルヌ地区の甘口貴腐ワインで、フォワグラと相性がいい。ゼリーもこのワインから作り、味の共鳴を図った。メインのシャトー・ラフィット・ロートシルトは有名なボルドー地方メドック地区の最高級赤ワイン。シャンパンも含め国賓級のもてなしで、話もはずんだことだろう。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順