饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(55)

アフリカへの注目を高めたワールドカップ

西川恵
執筆者:西川恵 2002年8月号
カテゴリ: 国際
エリア: アフリカ

 サッカー・ワールドカップ(W杯)は、日韓両国の相互理解の促進やアジアの活躍など、さまざまな政治的シグナルとメッセージを投げたが、私はアフリカに世界の目を向けさせた点を記しておきたい。 もっともW杯だけだったら、こうはならなかっただろうと思う。奇しくもW杯と並行して開かれたカナダ・カナナスキスの主要国首脳会議(サミット)は、アフリカ支援を中心議題に据えていた。W杯は国際政治と共鳴し合って、アフリカへの関心を過去見られなかったほど高めたのである。 W杯グループリーグにはアフリカから五カ国が参加したが、功労者は何といってもセネガルとカメルーンだ。セネガルは韓国で、カメルーンは日本でと、それぞれの開催国で話題をさらった。 ソウルでの開幕日、「西アフリカのライオン」と呼ばれるセネガル・チームが、前回の覇者フランスを1―0で破ったときのセネガルの人々の興奮は、想像して余りあるものがあった。熱狂した人々は全土で祝勝の踊りとデモに繰り出し、ワッド大統領は翌日を休日とする大統領令を公布した。 セネガルのワル・ファジリ紙はこう書いた。「フランスは又々、セネガルに恥をかかせることが出来ると踏んでいたに違いない。植民地時代、セネガルで好きなように振る舞ったフランス人気質は、いまもって治っていない。しかしセネガルは過去の歴史にしっぺ返しするべく、冷静に決意を固めていた。歴史を書き換えるにはW杯は格好の機会だった。そして見事、ライオンのひとけりが祖先たちの屈辱を晴らした」。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順