饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(57)

陳水扁流のもてなしは台湾独立派の面目躍如

西川恵
執筆者:西川恵 2002年10月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中国・台湾

 台湾の陳水扁総統は今年から国賓歓迎宴のやり方を大きく変えた。それまでは首都・台北の総統官邸か、老舗のホテル「圓山大飯店」で行なっていたのを、地方で開くようにしたからだ。陳総統になって国賓歓迎宴は中国料理ではなく台湾料理になるなど様変わりしているが、「饗宴革新」はいまなお進行中である。 八月二十日、南米パラグアイのゴンサレス・マキ大統領夫妻が国賓として訪れた際の歓迎宴は、台湾中部の雲林のホテル「剣湖山飯店」でもたれた。そこでのメニューは次のようなものだった。山薬鮭魚卵(山芋とイクラの料理)龍蝦美併盤(イセエビの蒸し物)家郷芋籤カ(里芋のモチ)百花鱒魚巻(マスの蒸し煮)剣湖山鶏チュウ(地元鶏の料理)焼汁駝鳥排(ダチョウの焼き物)古坑竹筒飯(タケノコご飯)ダイ酪香瓜チュウ(まくわ瓜のデザート)雲林水果郷(雲林の果物) いずれも台湾料理で、ほとんどが地元の食材を使っている。ダチョウも地元産である。タケノコご飯は、陳総統夫人の呉淑珍さんの好物という。 なぜ地方で外国元首の饗宴をもつようになったか。七月、ハイチのアリスティド大統領のときは台湾中部の彰化県のホテルで、三月に台湾を訪問したアフリカ・チャドのデビ大統領夫妻のときは中部・嘉義市のホテルが会場となった。台湾外交部のスポークスウーマン、張下月さんが説明する。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順