SARSの秘密

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年7月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

“Hong Kong will take your breath away”(香港は息もつかせぬ所)という香港政府の観光キャンペーンのスローガンが、新型肺炎(重症急性呼吸器症候群=SARS)の流行で、ブラックユーモアとなってしまった。 中国、香港、台湾、さらに東南アジアを襲ったSARSは、アジアの観光、貿易、投資に大打撃を与え、経済のグローバル化は後退。アジアの観光地はどこも閑古鳥が鳴いている。発生直後の中国政府の秘密主義も、中国指導部の隠蔽体質を浮き彫りにした。 アジアの観光会社が、観光客を呼び戻すため、香港、台湾、中国広東省、マレーシアの温泉とリゾート地を周遊する格安ツアーを企画した。しかし、応募者はゼロだった。 担当者が上司に報告した。「やはり、『South-east Asian Resort Spa tour(SARSツアー)』という名称がよくなかったようです」問「SARSの流行で結婚や恋愛がアジアで減ったのはなぜか」答「Severe Absence of Romance and Sex(SARS)によるものだ」 イラク攻撃時に「大本営発表」を繰り返したサハフ・イラク情報相を捜索中の米軍で、情報スタッフが話し合った。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順