行き先のない旅
行き先のない旅(7)

芸術を産むカタルーニャ魂

大野ゆり子
執筆者:大野ゆり子 2003年11月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ

 九月十一日がやってくると、カタルーニャ人の胸には熱いものが込み上げるという。もっとも、この「9.11」は、世界史を塗り替えた二年前の同時多発テロとは何の関係もない。彼らが思いを馳せるのは一七一四年の「9.11」。スペイン継承戦争でマドリッドを中心とするカスティーリャと戦ったカタルーニャが自治の特権を失い、バルセロナが陥落した日のことだ。敗北の結果、カタラン語が禁じられた。この屈辱の日の記憶は、三世紀近く経った今も、カタルーニャの“国民の祭日”として受け継がれているという。 私がバルセロナを訪れた九月十一日にも、ランブラスという遊歩道に沿った建物の窓からは、黄色の地に赤の四本線が入ったカタルーニャの旗がひらひらと翻っていた。 この旗の由来は九世紀末にさかのぼるそうだ。ノルマン人の侵攻を受けて窮地に陥ったフランク王が、カタルーニャ伯に援軍を頼んだ。王はすでに傷を負っており、あわやというところで勇敢なカタルーニャ軍に助けられ、戦いに勝った。「この恩にいかに報いよう」と問う王に、カタルーニャ伯は「盾のための紋章を」と所望する。この武勇にふさわしい紋は何か、としばし考え込んだ王は、やにわに右手の指四本を自分の傷口に入れ、したたる血で盾に四本の線を引いた。旗にある四本の線はカタルーニャの勇気を讃えてつけられたこの時の血の跡である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
大野ゆり子
大野ゆり子 エッセイスト。上智大学卒業。独カールスルーエ大学で修士号取得(美術史、ドイツ現代史)。読売新聞記者、新潮社編集者として「フォーサイト」創刊に立ち会ったのち、指揮者大野和士氏と結婚。クロアチア、イタリア、ドイツ、ベルギー、フランスの各国で生活し、現在、ブリュッセルとバルセロナに拠点を置く。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順