悩める青瓦台の主

名越健郎
執筆者:名越健郎 2003年12月号
カテゴリ: 国際
エリア: 朝鮮半島

 今年2月に就任したばかりの韓国の盧武鉉大統領が、側近の選挙資金不正疑惑や支持率低下、野党の攻勢強化で早くも内政危機に直面している。 野党・ハンナラ党の金秉浩広報委員長は「大統領はカエルだ。オタマジャクシの時代を忘れ、いつまでもしゃべり続け、時々哀しく鳴き、どこに跳ぶか分からない」と攻撃した。野党からは長年政権を離れている恨み節が聞こえるが、けんかを売られた大統領は12月に直接有権者の信を問うと述べ、異例の国民投票実施を提案した。 経済、外交で難題が山積みなのに、韓国は伝統的な内政動揺が予想される。 盧武鉉大統領が内外政策に頭を痛めていると、神が現れた。「就任したばかりの君が何をくよくよしているのだ。君の願いをかなえてやろう」「では、北朝鮮を開放的で話の通じる国にしてください」「それは無理だ。別の願いにしてくれ」「では、韓国の与野党対立を解消し、国内の融和を実現させてください」「……北朝鮮の方をやってみよう」 名誉を失墜した全斗煥、盧泰愚、金泳三、金大中の4人の歴代大統領が集まって、盧武鉉大統領の統治を酷評した。「少なくとも、われわれは在任中、これほど威信を失ったことはなかった」 盧武鉉大統領が就任後、青瓦台(大統領官邸)に移ると、青瓦台に住み着いている犬が見知らぬ大統領に噛み付いた。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順