【フォーサイトレポート】 松下政経塾の研究(上)

出井康博
執筆者:出井康博 2004年1月号
カテゴリ: 政治 社会 金融
エリア: 日本

国会議員二十八人、知事一人、その他首長四人。創設から二十四年、松下政経塾出身者はいまや政界の一大勢力となった。彼らはいま何を考えているのか。そして、政経塾自体はどこに向かおうとしているのか。二回にわたってレポートする。「岡山一区に素晴らしい人をありがとうございました」 自民党衆議院議員・逢沢一郎(松下政経塾一期・49歳)がボソッと言ったひとことに、対面に座った民主党・島聡(二期・45)が恐縮する。その様子に、周囲の国会議員から一斉に笑いが起きた。 衆議院選挙から半月が経った十一月二十六日、衆院第一議員会館内で開かれた松下政経塾出身議員の集まり「未来政治研究会」(未来研)。その会の冒頭、民主党総務局長(当時)として衆院選の候補者選定に当たった島が挨拶を始めたとき、塾の先輩である逢沢が冗談まじりに突っ込んだのだ。外務副大臣を務める逢沢は、今回の選挙で民主党代表・菅直人の長男、源太郎を大差で破って六回目の当選を決めていた。 未来研の会合は、国会期間中には毎週開かれる。メンバーは衆院議員二十六名と参院議員二名の計二十八名。最年少は民主党の新人議員・城井崇(十九期)で三十歳、最年長の逢沢で四十九歳という若さが特徴である。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
出井康博
出井康博 1965年岡山県生れ。早稲田大学政治経済学部卒。英字紙『THE NIKKEI WEEKLY』記者を経てフリージャーナリストに。月刊誌、週刊誌などで旺盛な執筆活動を行なう。主著に、政界の一大勢力となったグループの本質に迫った『松下政経塾とは何か』(新潮新書)、『年金夫婦の海外移住』(小学館)、『黒人に最も愛され、FBIに最も恐れられた日本人』(講談社+α文庫)、本誌連載に大幅加筆した『長寿大国の虚構 外国人介護士の現場を追う』(新潮社)、『民主党代議士の作られ方』(新潮新書)がある。最新刊は『襤褸(らんる)の旗 松下政経塾の研究』(飛鳥新社)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順