アメリカ大統領選挙を揺さぶるポピュリズム

会田弘継
執筆者:会田弘継 2004年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

民主党大統領候補のトップを走るケリー、二番手に急浮上したエドワーズ、一時は旋風を巻き起こしたディーン。彼らの主張には、米国政治を彩るポピュリズムが、それぞれに形を変えて顔を出している。このポピュリズムの動向こそが、秋の大統領選の行方を大きく左右する――。 再び一つの政治潮流が動き出しているのが明らかに見て取れた。「Bring it on!(かかってこい)」 六十歳になったばかりの長身のジョン・ケリー上院議員が指を突きつけるようにしてこの言葉を吐くと、集まった二千人近い聴衆は沸き立って応じた。「Bring it on! Bring it on!」 ニューハンプシャー州南部ナシュアのサウス・ハイスクール体育館。同州予備選直前の一月最後の日曜の支援集会は熱気に包まれ、外は零下六度だというのに、応援演説に立ったエドワード・ケネディ上院議員の額には玉の汗。壇上のケリー議員ははじめから上着を脱ぎ捨て、ネクタイなし、襟を開いたシャツ姿だ。「コネを使って一儲けしているヤツ、でっかい石油会社や製薬会社、ホワイトハウスに巣くっている特殊利益団体! 今からこっちが行くから、おまえたちは出ていく番だ。出ていくときは、ドアにぶつかんないようにしな!」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順