サドル派による議会乱入でイラクの政権・議会は目を覚ますか

池内恵
執筆者:池内恵 2016年5月12日
エリア: 北米 中東

 4月30日にイラクの首都バグダードで起きた議会への群衆の乱入事件は、膠着状態に陥ったイラクの政治を変えるのだろうか。

 

「グリーン・ゾーン」の別世界

 イラクの議会は、バグダード中心部の、チグリス河が大きく湾曲した箇所の西岸に位置する「グリーン・ゾーン」と呼ばれる、壁で囲われた地域にある。もともとはサダム・フセイン政権時代にバアス党政権の支配の拠点として要塞化された地区で、党や軍の施設や幹部の住居が集まっていた。フセイン政権時代には豪華な大統領宮殿も造営された。米軍はここを接収して占領統治の拠点とした。米軍統治下ではグリーン・ゾーンの外からの反米ゲリラによるロケット砲などによる攻撃、あるいは自爆テロによる突入の試みなどが頻発した。米軍の撤退・イラク政府の自立化に伴い、2009年はじめには米軍の管理下を離れた。

 その後のグリーン・ゾーンは、新生イラク政治の権力の中枢であるとともに、ばら撒きによる集票と合従連衡・野合に明け暮れるイラクの議会政治が立て籠る悪名高い場所となった。

 今回はグリーン・ゾーンの壁を群衆が解体して突破し、議会議場堂へ乱入している。群衆はほぼ丸腰で、組織的な動員はされているものの「平和的」なデモの延長線上であり、爆弾を積んだトラックの突入などではない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順