風が時間を
風が時間を(2)

まことの弱法師(2)

徳岡孝夫
執筆者:徳岡孝夫 2016年5月22日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: 日本

 フルブライト全額給費留学生の選抜試験に通った者に、委員会から「行きたい大学は?」と聞いてきた。よく考えてから私はニューヨーク州中部のシラキュース大学新聞学科を指名した。大学からも受け入れOKの手紙が来た。
 ニューヨーク・シティから約200キロ。人口14万余の中都市である。氷河期末に北へ退く氷河に削られたのか、縦長に細い湖がいくつか並ぶ湖水地帯の静かな町のようである。
 市名をイタリア語にすればシラクサ(シチリア島)だから、イタリア系移民が開市したと想像される。またシラキュース大の教授が書いた新聞学の研究書が1冊、大阪アメリカ文化センターにあり、私はそれを読んでいた。
 専攻が新聞関係ならなぜニューヨークの、たとえばコロンビア大学を希望しなかったのか。
 当時ニューヨークには「NYタイムズ」と「NYヘラルド・トリビューン」の朝刊2紙があり、激しく競争していた。私も後日双方を訪ねて編集局へ行き記者たちと話した。ただし耳をつんざくタイプライター音の中の、昔の話。
 国連やウォール街はじめ大取材源もある。だが私は、ニューヨークには近いがニューヨークに少し距離を置いた湖畔の町で、自分が職業に択んだ「新聞」というものを静かに考えてみたかった。
 ニューヨークには毎日新聞の支局がある。そんな町に住めばどうなるか、行く前から予想できた。
 支局長から電話が来る。
「あす日本から客が来る。すまんがザッと案内してくれんか。英会話は苦手だというんだ」
 そういうのが月に何度も来て、私は観光案内人になり果てるだろう。1年間、日本とのヘソの緒を断って、アメリカという大海を心ゆくばかり遊泳したかった。
 旅もしたい。大阪から選ばれた3人が、文化センターの館長宅に招かれたとき、館長が言った。
「向こうで勉強ばかりじゃ面白くない。旅行しなさい。とくに3都市。ニューヨーク、ニューオリンズとサンフランシスコはお忘れなく」
 いまも同じことを言いたい。(『新潮45』2016年5月号より転載)

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
徳岡孝夫
徳岡孝夫 1930年大阪府生れ。京都大学文学部卒。毎日新聞社に入り、大阪本社社会部、サンデー毎日、英文毎日記者を務める。ベトナム戦争中には東南アジア特派員。1985年、学芸部編集委員を最後に退社、フリーに。主著に『五衰の人―三島由紀夫私記―』(第10回新潮学芸賞受賞)、『妻の肖像』『「民主主義」を疑え!』。訳書に、A・トフラー『第三の波』、D・キーン『日本文学史』など。86年に菊池寛賞受賞。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順