インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

米国が報復攻撃へ:「大統領選」挟み緊迫する米ロ「サイバー戦争」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2016年10月19日
エリア: 北米 ロシア

 対立が深まる米ロ関係は、11月8日の米大統領選挙を挟んで、冷戦終結後では最も緊張する局面を迎えそうだ。
 NBCテレビ・ニュース部門「NBCニューズ」の電子版によると、オバマ米政権はこのほど米中央情報局(CIA)に対して、ロシアに対するサイバー報復攻撃を行うとすれば、どのような選択肢があるか、回答するよう指示した。オバマ大統領はロシアに対する秘密工作の実行を決定していないが、CIA側は既に、攻撃目標の選定を開始したほか、プーチン・ロシア大統領個人に関する機密情報の収集も行っているという。
 10月16日朝放映されたNBCテレビの「ミート・ザ・プレス」に出演したバイデン米副大統領は、質問に答えて「われわれはメッセージを発する。その能力もある」と述べ、報復の検討を事実上認めた。しかし、大統領が既に実行を命令したかどうかなど詳しい事実は明らかにしなかった。
 このNBCニューズ報道には、情報機関や核問題にも詳しい米専門家ウィリアム・アーキン氏も参加しており、情報源を「複数の現・元米政府当局者」としている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男 1946年京都市生れ。国際アナリスト、NPO法人インテリジェンス研究所理事。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授、早稲田大学客員教授を歴任。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『米中冷戦と日本』(PHP)、『仮面の日米同盟』(文春新書)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順