「連立合意承認」でドイツ「論争の時代」の幕開け

執筆者:花田吉隆 2018年3月13日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ
この人の「次」をめぐる争いがすでに始まっている(C)AFP=時事

 

 3月4日、ドイツ社会民主党(SPD)の党員投票の結果が判明し、キリスト教民主社会同盟(CDU/CSU)との連立合意が承認された。66.02%の賛成は、1月の時点でSPDの連立入りを支持した56%より10ポイントも多い。しかしこの66%は、連立合意にもろ手を挙げて賛成したのではなく、昨年9月からの、既に5カ月以上にわたる政治混乱に疲れ、そろそろ終わりにしてくれ、と叫んだのである。

みんながホッと

 関係者は一様にホッと胸をなでおろした。もしここで党員の承認が得られなかったら、事態は再び混迷の淵へ逆戻りだ。アンゲラ・メルケル首相は、少数政権か再選挙かの選択を迫られ、いずれにせよドイツは先が見通せない視界ゼロの世界に突入する。そんな事態を望む者は誰もいない。そういう空気をSPD党員の多数が代弁した。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
花田吉隆 元防衛大学校教授。1977年東京大学法学部卒業。同年外務省入省。在スイス大使館公使、在フランクフルト総領事、在東ティモール特命全権大使、防衛大学校教授などを歴任。
クローズアップ
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順
back to top