名越健郎さんが新著を刊行!

執筆者:フォーサイト編集部 2019年12月27日
カテゴリ:

 

 

「ロシアの部屋」運営者で、拓殖大学海外事情研究所教授の名越健郎さんが、このたび新刊を上梓されました。

タイトルは『秘密資金の戦後政党史――米露公文書に刻まれた「依存」の系譜』(新潮選書)

冷戦下、日本の政党――自民、社会、民社、共産――が米ソからひそかに受けていた違法資金。その実態はこれまで断片的に報じられてきましたが、名越さんは時事通信記者時代から米ソ(露)の公文書を丹念に追って解読し、全貌を浮き彫りにしました。日本の政治史の闇に切り込んだ労作、ぜひともお読みください。

ご購入はこちらから。

フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」で常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
キャンペーンお申し込み
フォーサイトのお申し込み
  • 24時間
  • 1週間
  • f
back to top