国際論壇レビュー
国際論壇レビュー

世界が注視する「東日本大震災」と「原発事故」

会田弘継
執筆者:会田弘継 2011年3月16日
カテゴリ: 国際 社会
エリア: 日本

 突如襲った激震に、東京都心の高層ビル群はまるで船のマストのように揺れ、ギーギーと荒海を進む帆船のような音を立てた。金曜日の昼下がり。高層ビルの中から窓越しに見る青空の中のその光景と音は、シュルレアリズムの世界のようだった。
 やがて、震源地に近い岩手・宮城・福島の沿岸部を中心に、ところによっては高さ10メートルを超える巨大津波が襲う。その速度は5千メートルの深海ではジェット機並みの時速800キロ。水深10メートルでも36キロ。人の足では逃げ切れない。
 襲い来る水の壁に、家は倒れて飲み込まれ、車も木屑のように押し流される。町や村はあっという間に水没し、水が引いた後にはすさまじい破壊の跡と瓦礫の山だけが残った。宮城県南三陸町では住民1万7千人のうち8千人の行方が知れない。各地で、100人、200人、300人と遺体が見つかりだした。
 大震災だ。死者は万単位となろう。しかも、津波防護が万全でなかった福島第一原発で、日本の原発としては初の炉心溶融が起きた。水素爆発で建屋が白煙を上げ、崩壊した。周辺20キロの住民が避難。原発大国日本では未曾有の原発事故だ。しかも、事故は次から次へと4つの原子炉に広がっている。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
会田弘継
会田弘継 青山学院大学地球社会共生学部教授、共同通信客員論説委員。1951年生れ。東京外国語大学英米科卒。共同通信ジュネーブ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを歴任。2015年4月より現職。著書に本誌連載をまとめた『追跡・アメリカの思想家たち』(新潮選書)、『戦争を始めるのは誰か』(講談社現代新書)、訳書にフランシス・フクヤマ『アメリカの終わり』(講談社)などがある。
comment:4
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順