アフリカで停電ばかり体験した私が、日本の停電で考えたこと

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2011年4月7日
エリア: アフリカ 日本

 2006年10月初旬のこと。当時、南アフリカ共和国に住んでいた私は季節外れの休暇を取得し、東アフリカのケニアを家族で旅行していました。
ある日、ケニア南東部の湖のほとりにあるホテルに宿泊することになりました。午後6時半ごろ、ホテルに到着してみると、館内は真っ暗です。よく考えてみると、道中の幹線道路の街頭も全て消えていたのを思い出しました。一帯は停電でした。

 チェックイン時にろうそくをもらい、部屋に荷物を置き、腹ぺこの私たちはホテル内のレストランへ直行しました。中には10組ほどの白人、黒人の客がおり、皆、ろうそくのほの明かりの下でにこやかに食前酒を楽しんでいました。アフリカ各地で停電ばかり体験している私から話を聞いていたせいか、妻と2人の子供も特段、暗闇を気にすることなく、早速ガツガツと食事を始めました。

 その時、壁一枚隔てたフロントの方から、何やら怒気の混じった声が聞こえてきました。レストランの客たちは何事かと思って一斉に声の方に目を向けましたが、その場で声の主の国籍を即座に理解できたのは、恐らく私たちだけだったでしょう。声の主は日本人の団体旅行客でした。

「何時になったら電気つくの? これじゃあ、何もできないじゃない」「事前に何の説明もなかったじゃないですか」
老若男女の不平不満の嵐に混じって時折、聞こえてくるのは「申し訳ございません。申し訳ございません」というお詫びの声です。恐らく添乗員でしょう。自分に全く非がないのに、とりあえずひたすら詫びるのは国際的には珍しい行動様式だと思われますが、ともあれ、旅行会社の人には何の責任もないし、不平不満を並べてもどうにもなりません。そもそも、アフリカを旅行するという行為は、こういう体験と隣り合わせの行為なのですから........。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:13
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順