だれが台湾200億義援金の主役か

野嶋剛
執筆者:野嶋剛 2011年10月9日

 東日本大震災が起きた日本に対し、台湾が贈ってくれた200億円という巨額の義援金は、今後の日台関係において10年以上は語り継がれる伝説になるだろう。日台関係において非常に大きなプラスの効果をすでに発揮しており、台湾観光客の増加、日本の政治家の台湾訪問の増加など、日台関係は過去にない熱を帯び始めている。

そんななかで、台湾では与党・国民党と野党・民進党との間で、どちらが200億義援金の「立役者」であったのかをアピールするつばぜり合いも起きている。200億円の大半は民衆の自発的な募金によって集められたもので、基本的に政府や政党が果たした役割は限定的なのだが、台湾も来年1月の選挙を控え、どうしてもこのムードを選挙に生かしたい、という思いもあるのだろう。

先週日本を訪れた民進党の総統候補者、蔡英文党主席は、支持者を集めた講演会でこう語って会場を沸かせた。

「日本の地震が起きた直後、最も早くから募金を呼びかけたのは民進党だった。民進党はあっという間に2億円の募金を集めた。これは我々の政治献金よりもずっと早いスピードで、党主席としては悩ましいところです」

一方、国民党も負けていない。先週、台湾のナショナルデーにあたる国慶節のパーティーが東京で開かれたが、馬総統の側近である馮寄台駐日代表はこんな風に語った(写真)。

「3月11日地震発生直後、馬英九総統は電話で私に、政府からの義援金を日本政府に贈るよう指示し、翌日には救援隊の派遣と物資の輸送の用意ができていることを、ふたたび電話で指示してきました。台湾全国からも自発的に救援活動が始まりました。3月18日の夜、馬英九総統夫妻が、百名以上の台湾の芸能人とともに、自らテレビの赤十字チャリティー番組に4時間も出演し、国民に積極的な募金を呼びかけたのです」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
野嶋剛
野嶋剛 1968年生れ。ジャーナリスト。上智大学新聞学科卒。大学在学中に香港中文大学に留学。92年朝日新聞社入社後、佐賀支局、中国・アモイ大学留学、西部社会部を経て、シンガポール支局長や台北支局長として中国や台湾、アジア関連の報道に携わる。2016年4月からフリーに。著書に「イラク戦争従軍記」(朝日新聞社)、「ふたつの故宮博物院」(新潮選書)、「謎の名画・清明上河図」(勉誠出版)、「銀輪の巨人ジャイアント」(東洋経済新報社)、「ラスト・バタリオン 蒋介石と日本軍人たち」(講談社)、「認識・TAIWAN・電影 映画で知る台湾」(明石書店)、訳書に「チャイニーズ・ライフ」(明石書店)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順