2週間後に迫ったアイオワ州共和党党員集会の着目点

足立正彦
執筆者:足立正彦 2011年12月20日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 2012年共和党大統領候補選出プロセスの幕開けとなる来年1月3日のアイオワ州党員集会まで2週間となった。本稿では、アイオワ州党員集会の特徴や役割などに触れたうえで、ニュート・ギングリッチ元下院議長(ジョージア州第6区)、ミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事、ロン・ポール下院議員(テキサス州第14区)の3人の主要候補にとっての課題に焦点を当てて考えてみたい。

 アイオワ州の人口は304万人(2010年国勢調査)であり、同州の共和党登録有権者数は60万人となっており、前回2008年のアイオワ州共和党党員集会に参加した有権者数は12万人であった。そのうちの実に60%以上が福音派キリスト教徒であるため、アイオワ州党員集会では福音派キリスト教徒をはじめとする社会的保守勢力の発言力が非常に強く、4年前には元牧師のマイク・ハッカビー前アーカンソー州知事が勝利している。しかも、州民の91.3%は白人であり、少数民族(マイノリティ)出身の有権者が極めて少ない。全米の人口動態が反映されていない、米国の人口全体の100分の1しかないアイオワ州が、最初に党員集会を実施することで大統領候補選出プロセスにおいて過剰な影響力を持つべきではないとの議論もある。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順