将来をチャンプに託す? ウクライナの閉塞感

国末憲人
執筆者:国末憲人 2012年1月30日
カテゴリ: 国際 政治
エリア: ヨーロッパ

 ぼたん雪が舞う1月のキエフを訪れた。前回来たのは、昨年4月のチェルノブイリ原発事故25周年シンポジウムに出席した時だから、9カ月ぶりである。ぱっと見た感じ、随分街が垢抜けた印象を受けた。


 ドニエプル川を渡る橋のたもとは迂回路の工事が終わり、名物の大渋滞が随分緩和された。以前のキエフはキリル文字だらけで、世界で最もラテン文字の少ない街とも言えたが、幹線道路に英語の案内板が登場した。ボリスピリ国際空港には国際線新ターミナルが完成し、新たにもう一つのターミナル建設も進む。もともと、人口でも産業規模でも潜在力が大きい街だったが、ここに来て近代都市の風格を備えてきた。
 

 これはひとえに、ポーランドとの共催で今年6月に開くサッカーの欧州選手権のお陰である。ウクライナが開催に名乗りを上げた時、「本当に大丈夫か」という懸念があちこちで上がった。その不安は、まだ消えたわけではない。メーン会場としてキエフ中心部に建設中のスタジアムは、一応オープニングイベントを開いたものの、工事がまだ終わっていないという。街の治安も、中心部は問題ないものの、一歩郊外に出るとおぼつかない。ウクライナは、2008年からの世界的な経済危機を受けて財政的に苦しい立場に追い込まれてもいる。
 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順