根強い「反ロムニー感情」と共和党の混迷

足立正彦
執筆者:足立正彦 2012年2月10日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 今月7日に行なわれたミネソタ州、ミズーリ州、コロラド州の党員集会ではリック・サントラム元上院議員(ペンシルベニア州)がすべて勝利するという米国の政治専門家も主要メディアもほとんど予想していなかった大番狂わせが発生した(表参照)。サントラム自身にとっても2012年共和党大統領候補指名獲得争いの幕開けとなった先月3日のアイオワ州党員集会以来の勝利となった。

 

(注)ミズーリ州党員集会は代議員配分に拘束力を持たない非公式のストローポール(人気投票)であり、実際の代議員選出は3月17日の党員集会で開始される。

 ミネソタ州、ミズーリ州の党員集会についてはキリスト教福音派の有権者の影響力の大きさが指摘されていたため、両州の党員集会でミット・ロムニーが苦戦することはある程度予想されていた。だが、近年、大統領選挙でも重要な役割を果たしており、ロッキー山脈地域の「接戦州」の1つで、ロムニーが絶対に勝利しなければならないと指摘されていたコロラド州党員集会でのサントラムの勝利は、ロムニーにとって大きなダメージと言わざるを得ない。2008年のコロラド州党員集会ではロムニーは60.1%を獲得して圧勝していたのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順