ボランティアは足りているか?

執筆者:フォーサイト編集部 2012年3月19日

 本日の更新記事は、出井康博さんの「まだまだボランティアは必要だ」。昨年8月の記事「まだまだボランティアが足りない」の続編です。被災3県のボランティアは昨年5月の約17万人をピークに減少が始まり、今年1月には1万2000人程度にまで落ち込みました。がれき撤去は終わりましたが、これから重要なのは被災者への「寄り添い」や「自立支援」。岩手県陸前高田でボランティアを続ける男性は、「ボランティアの力は今も必要。観光でもいい。今からでも遅くないので、とにかく一度、現場を見てください」と話しています。

 「専門家の部屋」では、2本の新エントリ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順