仏直前情勢・ぼろぼろ崩れはじめたサルコジ陣営

国末憲人
執筆者:国末憲人 2012年4月19日
カテゴリ: 政治 国際
エリア: ヨーロッパ

 フランス大統領選の第1回投票を間近に控え、情勢に異変が生じている。サルコジ政権の元メンバーや右派の間で、社会党のオランド氏支持に回る動きが次々と顕在化しているのである。サルコジ陣営の統制が乱れ、浮足立っているのは明らかだ。少なくとも現時点で、流れはオランド氏に大きく傾きつつあると言えそうだ。

 このような動きが表面化したのは、今週に入ってからである。それ以前はむしろ、当初劣勢だったサルコジ氏が追い上げ、一部の世論調査で逆転したところもあったほどだった。

 流れを変えたきっかけは、サルコジ政権の初期に貧困問題担当の高等弁務官として入閣したマルタン・イルシュ氏だった。イルシュ氏はもともと、人道意識の強い高級官僚で、現社会党党首のオブリ氏のスタッフを務めたこともあった。2007年、サルコジ大統領の就任とフィヨン内閣の誕生とともに請われて政権に入り、低所得者の支援策などに取り組んだが、2010年に政権を離れていた。

 イルシュ氏は16日、ルモンド紙のインタビューで、1年ほど前から青少年政策やボランティア活動に関する政策についてオランド氏から助言を求められていたことを明らかにし、大統領選でもオランド氏に投票する意思を表明した。「この選択に対していかなる見返りも期待していない」とも述べ、両候補を天秤にかけたうえでの選択ではないと強調した。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
国末憲人
国末憲人 1963年生れ。85年大阪大学卒。87年パリ第2大学新聞研究所を中退し朝日新聞社に入社。富山、徳島、大阪、広島勤務を経て2001-04年パリ支局員。外報部次長の後、07-10年パリ支局長を務め、GLOBE副編集長、本紙論説委員のあと、現在はGLOBE編集長。著書に『自爆テロリストの正体』(新潮新書)、『サルコジ―マーケティングで政治を変えた大統領―』(新潮選書)、『ポピュリズムに蝕まれるフランス』『イラク戦争の深淵』(いずれも草思社)、『ポピュリズム化する世界』(ダイヤモンド社)、共著書に『テロリストの軌跡―モハメド・アタを追う―』(草思社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順