プーチン大喜び「ロシアは世界一の柔道大国」

名越健郎
執筆者:名越健郎 2012年8月28日
エリア: ロシア

 ロンドン五輪柔道でのロシア・チームの躍進に、柔道家プーチン大統領の喜びようは尋常ではなかった。8月2日、日帰りで訪英し、キャメロン首相との首脳会談を早々に切り上げると、首相と柔道の競技場に向かった。

 首脳会談では、キャメロン首相がロシアのアサド・シリア政権支援や女性ロックグループ逮捕で攻勢に出て、大統領はたじたじだったが、道場では大統領が首相に通訳を介してルールや技を手振りで教え、ロシアのニュース番組では「英首相を指導する大統領」の姿が報道された。

「天覧試合」となった当日の男子100キロ級では、ダゲスタン共和国出身のハイブラエフ選手が決勝でモンゴル選手に一本勝ちして金メダルを獲得。上着を脱いだ大統領は立ち上がり、両手を挙げて万歳した。大統領は畳から降りた選手に駆け寄り、顔をなでて祝福。「よくやった。ロシアの誇りだ」と絶賛した。

 ハイブラエフ選手は「大統領はロシアの柔道チームをいつも励ましてくれた。一緒に稽古をしたこともある」と話した。金メダリストには、ロシア政府から400万ルーブル(約1000万円)の報奨金が贈られる。

 柔道がお家芸の日本は今回、金1、銀3、銅3と不振だったが、ロシアは男子だけで金3、銀1、銅1と大躍進を遂げた。うち金2つは決勝で本家の日本選手を破っての悲願達成。プーチン氏は「輝かしい成果だ。このようなことはソ連・ロシアのスポーツ史にもなかった。確か、柔道の金はモスクワ五輪以来だ」とコメントした。1980年のモスクワ五輪は、ソ連軍アフガニスタン侵攻に抗議して西側諸国がボイコットした片肺五輪だった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順