インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

中国の巨大通信企業「華為」に英諜報機関の「お墨付き」

春名幹男
執筆者:春名幹男 2012年9月19日
カテゴリ: 国際
中国広東省深圳にある華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ)の本社 (C)AFP=時事
中国広東省深圳にある華為技術有限公司(ファーウェイ・テクノロジーズ)の本社 (C)AFP=時事

 世界でスタンダード的な雑誌は何か――と聞かれて、英週刊誌「エコノミスト」を挙げるインテリは少なくない。 「消費税増税を決断した理由」について、野田佳彦首相は、「日本人になる(Turning Japanese)」という見出しのエコノミスト誌2011年7月30日号の巻頭記事を挙げた。着物を着たオバマ米大統領と、着物にかんざし姿のメルケル独首相を並べた挿絵に、「西側先進諸国が指導力を欠いているのは驚くべきこと」という脇見出し。日本の政治家の指導力欠如は今や世界の常識というわけだ。  2006年10月26日号の同誌は「正しい大陸に間違ったモデル」という見出しで、中国のアフリカ進出に警戒を呼び掛け、それ以後西欧諸国の中国警戒感が強まったこともあった。  そのエコノミストが8月4日号で、エリクソン(スウェーデン)に追い付くほどの勢いを示す世界最大級の通信機器、中国の華為技術有限公司に関する特集記事を掲載。表紙で「華為を恐れるのは誰か」と問い掛け、華為を市場から締め出すことに反対を表明している。  華為は異例なことに、英国諜報機関、政府通信本部(GCHQ)の協力を得て「安全」を保障されているというのが同誌の主張。GCHQは世界最大の盗聴機関、米国家安全保障局(NSA)の姉妹機関。戦時の通信傍受協力以来、米英は緊密な関係にある。だが、米国内ではなお華為不信は非常に強い。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:1
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順