米財政の赤字とアフリカの安全保障

白戸圭一
執筆者:白戸圭一 2012年11月30日
エリア: 北米 アフリカ

  米国では来年初めに減税措置の失効と歳出削減が重なる。増税による消費減と緊縮財政が一度に到来し、米国の景気が急激に冷え込むいわゆる「財政の崖」問題だ。これを避けるには、民主・共和両党が税制改革や支出カットで合意する必要がある。米国経済が後退局面に入れば、米国向け輸出の減少で世界経済全体が冷え込む。資源輸出の減少などを通じてサハラ以南アフリカの経済にも影響が及ぶかもしれない。

 米国の緊縮財政が世界に与える影響は経済分野にとどまらない。ここでは米国の国防費削減がアフリカの安全保障環境に与えるかもしれない影響について素描しておきたい。米国が唯一の超大国として全世界の安全保障に関与する政策を続けてきた以上、世界の全ての国は米国と友好関係にあるか敵対関係にあるかに関係なく、米国の国防態勢の変化と無縁ではいられないからである。

 米国の2012会計年度(2011年10月~2012年9月)の歳入は2兆4690億ドル、歳出は3兆7960億ドル、財政赤字は1兆3270億ドル(対GDP比8.5%)。2013会計年度(2012年10月~2013年9月)の歳入は2兆9020億ドル、歳出は3兆8030億ドル,財政赤字は9010億ドル(対GDP比5.5%)の見通しだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
白戸圭一
白戸圭一 三井物産戦略研究所国際情報部 中東・アフリカ室主席研究員。京都大学大学院客員准教授。1970年埼玉県生れ。95年立命館大学大学院国際関係研究科修士課程修了。同年毎日新聞社入社。鹿児島支局、福岡総局、外信部を経て、2004年から08年までヨハネスブルク特派員。ワシントン特派員を最後に2014年3月末で退社。著書に『ルポ 資源大陸アフリカ』(東洋経済新報社、日本ジャーナリスト会議賞)、共著に『新生南アフリカと日本』『南アフリカと民主化』(ともに勁草書房)など。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順