金正恩「亡命」とアメリカの「核の傘」

執筆者:フォーサイト編集部 2013年4月19日

本日の更新記事は、会田弘継さんの「国際論壇レビュー 金正恩『亡命』で『核の傘』のほころび隠せ」です。あれだけ予告していた北朝鮮のミサイル発射が実行されないことを、海外メディアはどうとらえているのか。また先頃行なわれたサッチャー元英首相の葬儀に際し、意外な評価を伝えるメディアもありました。

「専門家の部屋」では、「アフリカ」に「援助政策を考え直す:経済学から国際政治学へ」(平野克己さん)の新エントリ。開発援助については、とかく受け手にとっての効用について議論されてきましたが、実は、出し手の側に最終的にどういう利益がもたらされるかという視点での議論こそ重要であり、その意味において、開発援助はまぎれもなく外交の一部なのです。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順