中国は沖縄を狙っている?

執筆者:フォーサイト編集部 2013年5月28日

本日の更新記事は、野嶋剛さんの「『沖縄地位未定論』と中国の真の意図」です。人民日報で突如、日清戦争の末に結ばれた下関条約に言及し、沖縄への領土的野心が疑われた中国。その目的は尖閣諸島問題で優位に立つことですが、ポツダム体制に依拠し、サンフランシスコ体制を認めない彼らの論理とはいかなるものなのでしょうか。

「専門家の部屋では、2本の新エントリ。

パキスタン新内閣が挑む数々の難題」(インド、緒方麻也さん):パキスタンで総選挙が行なわれ、有権者の過半数以上が投票するという熱狂の中、元首相派が圧勝し、シャリフ元首相が5年ぶり3度目の復帰を果たしました。が、その前途には様々な難題が横たわっています。

イスラム過激派を巡る不毛な論議(下)テロ抑止と『貧困対策』」(アフリカ、白戸圭一さん):貧困が常にテロを引き起こすわけではありません。人がテロを起こすには「自らの行為」と「その正当性」を橋渡しする思想的媒介項が必要です。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順