中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(3)

イラクとシーア派をめぐる数知れぬ誤解と曲解

池内恵
執筆者:池内恵 2005年3月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 一月三十日のイラク国民議会選挙では、シーア派とクルド住民を中心に投票への広範な参加がみられた。選挙の敢行によって、イラク国家再建プロセスの成功が約束されたわけではなく、テロ攻撃が止むわけでもない。しかし、イラクの政府機関職員の上層から末端の労働者・求職者までを対象にした攻撃が、イラクの大多数の意思を体現したものではないことは示された。 いうまでもなく、今回の選挙で地歩を固めたのはシーア派諸勢力であり、選挙は彼らがイラク政治の主体としての存在を内外に鮮明にした瞬間であった。シーア派諸政党は選挙への動員力を示すことで、イラク国家再建プロセスの主導権を握った。 日本では、イラクのシーア派は誤解と曲解のヴェールに包まれており、そのことがイラク政治の展開を理解する妨げになっている。ここでイラクのシーア派が分析される際の主要な論点を検討しておきたい。▼シーア派の伸張は内戦を導く? シーア派勢力の伸張に対しては「内戦の危機」が語られることが多い。しかし少なくとも、「シーア派勢力が選挙での勝利を背景にスンニー派勢力への宗教的・政治的圧迫を始め、スンニー派がそれに対抗して内戦が勃発する」などというシナリオは、現在のところ想定できない。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順