インテリジェンス・ナウ
インテリジェンス・ナウ

「内なる敵」の情報漏洩に手を焼くオバマ――スノーデン事件の真因を衝く

春名幹男
執筆者:春名幹男 2013年8月16日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米
 情報漏洩に頭を抱えるオバマ米大統領 (C)AFP=時事
情報漏洩に頭を抱えるオバマ米大統領 (C)AFP=時事

「内なる脅威(Insider Threat)」――。赤狩りのマッカーシズムが吹き荒れていた冷戦真っ盛りの1950年代、米政府内に潜入したとされる共産主義者のことを、反共派はそんな言葉で表現していた。

 今また、オバマ政権が同じ言葉をタイトルに掲げて「国家内部脅威政策(National Insider Threat Policy)」と呼ぶ新政策を推進していることが分かった。今度は、赤狩りではなくて、国家安全保障に関する情報漏洩を摘発するプロジェクト。敵は共産主義者ではなくて、情報を漏らす政府職員である。

 デジタル情報の時代に突入した今世紀は、サイバー戦争の時代であり、サイバースパイの時代でもある。オバマ米政権はサイバー空間を陸・海・空・宇宙に次ぐ第5の戦域と規定し、サイバー司令部を設置、1000人以上から成るサイバー戦士の部隊も編成した。

 しかし、政府の機密情報を漏洩する敵は内部にいた。オバマ政権は情報漏洩事件を積極的に摘発、メディアに情報を漏らした6件に対して「スパイ防止法」を適用し、内部からの脅威抑止に躍起となってきた。

 だが、情報漏洩を防ぐために「国家内部脅威政策」を推進してきたにもかかわらず、スノーデン事件はなぜ起きたのか。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
春名幹男
春名幹男 1946年京都市生れ。大阪外国語大学(現大阪大学)ドイツ語学科卒業。共同通信社に入社し、大阪社会部、本社外信部、ニューヨーク支局、ワシントン支局を経て93年ワシントン支局長。2004年特別編集委員。07年退社。名古屋大学大学院教授を経て、現在、早稲田大学客員教授。95年ボーン・上田記念国際記者賞、04年日本記者クラブ賞受賞。著書に『核地政学入門』(日刊工業新聞社)、『ヒバクシャ・イン・USA』(岩波新書)、『スクリュー音が消えた』(新潮社)、『秘密のファイル』(新潮文庫)、『スパイはなんでも知っている』(新潮社)などがある。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順