エジプト騒乱とアベノミクスの真価

執筆者:フォーサイト編集部 2013年8月21日

昨夜、池内恵さんの記事「中東―危機の震源を読む(87)エジプト『8.14事件』を読むための7つのポイント」をアップロードしました。「エジプトの天安門事件」とも言うべき8月14日の弾圧での死者数は政府発表でも638人。騒乱は今も続いています。7つのポイントから「事件」を読み解きます。

また、本日の更新記事は、磯山友幸さんの「『住宅着工の伸び』で問われるアベノミクスの真価」です。アベノミクスの好影響でしょうが、経済波及効果の大きい住宅着工の伸び率が好調です。が、その動向を詳細に分析すると、まだまだ予断を許さない状況が見えてきます。その真価は、やはり消費増税の決断にかかっているようです。

 

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
フォーサイト編集部 フォーサイト編集部です。電子書籍元年とも言われるメディアの激変期に、ウェブメディアとしてスタートすることになりました。 ウェブの世界には、速報性、双方向性など、紙媒体とは違った可能性があり、技術革新とともにその可能性はさらに広がっていくでしょう。 会員の皆様のご意見をお聞きし、お力をお借りしながら、新しいメディアの形を模索していきたいと考えております。 ご意見・ご要望は「お問い合わせフォーム」や編集部ブログ、Twitterなどで常に受け付けております。 お気軽に声をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
価値あるバックナンバー
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順