中東―危機の震源を読む
中東―危機の震源を読む(9)

ルールの変更を迫った寛容が非寛容を育む現実

池内恵
執筆者:池内恵 2005年9月号
カテゴリ: 国際
エリア: ヨーロッパ 中東

 七月七日のロンドンでの同時爆破テロ事件を受けて、ブレア政権はテロ対策強化の諸施策を打ち出している。七月十八日には労働党政権と野党の保守・自民両党との間に新たなテロ対策法案の内容で合意が成立し、八月五日にブレア首相はイギリスを政治亡命の場としてきた外国人説教師とその団体に対する厳格な措置を発表した。ブレア首相は記者会見で「ゲームのルールは変わった」と告げ、憎悪を煽る外国人説教師の本国送還を行なっていくと宣言した。 会見では、イスラーム主義組織「イスラーム解放党」やその分派「ムハージルーン」が名指しされた。ムハージルーンの指導者オマル・バクリーは直後にレバノンに出国し、内務省は再入国を認めない方針を明らかにしている。八月十一日にはアブー・カターダをはじめとする主要な過激派指導者十人の拘束が行なわれた。 打ち出された個別の対策は、イギリスの対移民政策の基本的な理念の次元における大きな変化を示唆している。変化の根底には、イギリスのホスト社会とムスリム移民コミュニティの間の長期間にわたる緊張と、それを解決しようとする試行錯誤の結果としてホスト社会の側に広範に共有されるに至った、ムスリム移民コミュニティに対するきわめて「冷めた」認識が窺われる。それゆえに、今まさに生じている政策の変化は長期的な意味を持つ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
池内恵
池内恵 東京大学先端科学技術研究センター准教授。1973年生れ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程単位取得退学。日本貿易振興機構アジア経済研究所研究員、国際日本文化研究センター准教授を経て、2008年10月より現職。著書に『現代アラブの社会思想』(講談社現代新書、2002年大佛次郎論壇賞)、『イスラーム世界の論じ方』(中央公論新社、2009年サントリー学芸賞)、『イスラーム国の衝撃』(文春新書)、本誌連載をまとめた『中東 危機の震源を読む』などがある。個人ブログ「中東・イスラーム学の風姿花伝」(http://ikeuchisatoshi.com/)。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順