80時間世界一周
80時間世界一周(13)

フィリピンの反アロヨ・デモ家族総動員の理由

竹田いさみ
執筆者:竹田いさみ 2005年9月号
カテゴリ: 国際

 朝目覚めて、ホテルの窓から目抜き通りを見下ろすと、不思議なことに見慣れた交通渋滞がなく、道路から車が消えている。フィリピンの首都マニラのビジネス地区マカティ。交通渋滞がないのは、アロヨ大統領に退陣を求めるデモ隊が大規模集会を行なうためだ。マニラ市が早朝から車両規制をかけて、反アロヨ陣営に首都圏を開放したのである。その数三万人。デモ隊を運ぶ貸し切りバスや小型バスのジプニーだけが、続々と集まってくる。 デモ隊に近寄ってみると、デモの性格がよくわかる。反アロヨ運動には、多数の団体がマニラ市内を中心に動員されており、それもフィリピンらしく家族単位での参加が多い。廃車寸前にしか見えない貸し切りバスの中を覗き込むと、幼稚園児から高齢者まで、デモ参加者の家族ですし詰め状態。集会の一時間以上も前から集まってくる。普段は交通渋滞を口実に、悪びれもせず待ち合わせに遅れてくるフィリピン人が多いのに、デモ参加は几帳面だ。いったい何故であろうか。 参加することが、生活に直結するからだ。お揃いのTシャツを着て、反アロヨの帽子をかぶり、右手には反アロヨのプラカードを握り締め、左手にはカキ氷が入ったビニール袋をぶら下げている。お昼には弁当が配られ、ソフトドリンクも振舞われる。これらのデモ必需品に加えて、参加費が支給されるのだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
竹田いさみ
竹田いさみ 獨協大学外国語学部教授。1952年生れ。上智大学大学院国際関係論専攻修了。シドニー大学・ロンドン大学留学。Ph.D.(国際政治史)取得。著書に『移民・難民・援助の政治学』(勁草書房、アジア・太平洋賞受賞)、『物語 オーストラリアの歴史』(中公新書)、『国際テロネットワーク』(講談社現代新書)、『世界史をつくった海賊』(ちくま新書)、『世界を動かす海賊』(ちくま新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
逆張りの思考
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順