饗宴外交の舞台裏
饗宴外交の舞台裏(187)

異例づくしの大抜擢「仏エリゼ宮」の新料理長

西川恵
執筆者:西川恵 2013年12月16日
カテゴリ: 国際 文化・歴史
エリア: ヨーロッパ
 都内の小学校で子供たちにフランス料理の魅力を語るゴメズ氏(左、筆者撮影)
都内の小学校で子供たちにフランス料理の魅力を語るゴメズ氏(左、筆者撮影)

 フランス大統領官邸エリゼ宮の料理長が交代した。11月1日から約20人の料理人を率いているのは、弱冠35歳のギヨーム・ゴメズ氏である。これまでにない異色の料理長である。

 ゴメズ氏は10月下旬、味覚教育を目的とした「味覚の1週間」のイベントで初来日したが、その折、インタビューした。当時は副料理長で、あと数日で料理長になる時だったが、いささかの気負いもなく、料理人になった経緯からエリゼ宮で働くようになったきっかけなど、丁寧に答えてくれた。

「私の名前を見れば分かるように、両親はスペイン南部のアンダルシアからの移民です。私はパリで生まれました」

「料理人とは何の関係もない家庭ですが、私は小さいころから料理に興味をもっていたようです。5歳の時の写真を見ると、紙で作ったコック帽をかぶって格好をつけています」

 1978年生まれ。14歳の時、料理人になりたい気持ちを抑えきれず、学校の授業が終わるとパリ12区のレストランに通い、野菜の皮むきなどを手伝った。16歳の時、2つ星のレストランに見習いで入り、2年間、料理の基礎を学んだ。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
西川恵
西川恵 毎日新聞客員編集委員。1947年長崎県生れ。テヘラン、パリ、ローマの各支局長、外信部長、論説委員を経て、今年3月まで専門編集委員。著書に『エリゼ宮の食卓』(新潮社、サントリー学芸賞)、本誌連載から生れた『ワインと外交』(新潮新書)、『国際政治のゼロ年代』(毎日新聞社)、訳書に『超大国アメリカの文化力』(岩波書店、共訳)などがある。2009年、フランス国家功労勲章シュヴァリエ受章。本誌連載に加筆した最新刊『饗宴外交 ワインと料理で世界はまわる』(世界文化社)が発売中。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順