ケース・スタディ6 マーク・ザッカーバーグ

執筆者:藤沢数希 2013年12月28日
カテゴリ: 文化・歴史 金融

 それでは今回は海外のケースを取り上げよう。FacebookのCEOであるマーク・ザッカーバーグである。2012年5月18日にFacebookが株式公開し、その直後の19日に、学生時代から交際していた中国系アメリカ人のプリシラ・チャンさんとの結婚を発表し、式を挙げた(Forbes.com 2012年5月20日)。

 アメリカの結婚と離婚の法律は州によって微妙に違い、さらに、アメリカでは婚前契約などが日本よりも発達しているなどの違いがあるが、そもそも日本の結婚や離婚に関する法律は、西洋から輸入されたものであるから、欧米先進国と日本で、これらの法律はそれほど変わるものではない。

 日本は昭和初期までは妾などはふつうであり、キリスト教的な厳格な一夫一妻制が正しい夫婦関係のあり方だとされるようになったのは、日本の近代化に伴い、西洋から輸入された結婚や離婚の法律が大きく関係していると筆者は考えている。

 さて、起業家にとって奥さんとは実に恐ろしい存在である。スポーツ選手や俳優の離婚にまつわる巨額の支払い金額はよく話題になるが、離婚が本当に恐ろしいのは、実は起業家なのである。

 創業する前に結婚して、会社がとうとう上場し、そして離婚、ということになると、夫の持ち株の半分がいきなり奥さんのものになるのだ。これはハゲタカ・ファンドどころの騒ぎではない。ハゲタカ・ファンドは株を買い占める時に、その分の現金を置いていくが、奥さんはなんの支払いもなしにいきなり株の半分を持っていくのである。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
藤沢数希 理論物理学、コンピューター・シミュレーションの分野で博士号取得。欧米の研究機関で研究職に就いた後、外資系投資銀行に転身。以後、マーケットの定量分析、経済予測、トレーディング業務などに従事。また、高度なリスク・マネジメントの技法を恋愛に応用した『恋愛工学』の第一人者でもある。月間100万PVの人気ブログ『金融日記』の管理人。著書に『なぜ投資のプロはサルに負けるのか?』(ダイヤモンド社)『日本人がグローバル資本主義を生き抜くための経済学入門』(同)『「反原発」の不都合な真実』(新潮社)『外資系金融の終わり―年収5000万円トレーダーの悩ましき日々』(ダイヤモンド社)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順