中東から二枚看板が消えて

名越健郎
執筆者:名越健郎 2006年6月号
カテゴリ: 国際
エリア: 中東

 中東和平交渉のプレーヤーがすっかり一新された。強烈な個性を持った故アラファト・パレスチナ自治政府前議長、シャロン・イスラエル前首相が“退場”。1月のパレスチナ議会選では、イスラム原理主義組織ハマスが圧勝し、サッカー選手だったハマスのハニヤ氏が首相に就任。3月のイスラエル総選挙では、脳出血で倒れたシャロン氏が創設した中道政党・カディマが辛うじて第一党となり、党首のオルメルト氏が連立政権の首相に就任した。ハニヤ、オルメルト両氏は地味な参謀タイプで、指導力は未知数。暴力路線を維持し、イスラエルの存在自体を否定するハマスの登場で、中東和平交渉も当分停頓しそうだ。 ラビン元イスラエル首相とアラファト前議長があの世で議論した。 アラファト「やはりわたしでないと、パレスチナのテロの動きは止められない」 ラビン「あなたは自分の唇の動きも止められなかった」 ヨルダン川西岸に入植したイスラエル人が入植地を「神から授けられた地」として撤退を拒否し、その模様が米国のテレビで放映された。キャスターがコメントした。「共和党がホワイトハウスを去らないのと同じ理由です」 ブッシュ米大統領が中東問題で演説した。「中東和平を前進させるには、イスラエル人とパレスチナ人がクリスチャンのように行動すべきだ」

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
名越健郎
名越健郎 1953年岡山県生れ。東京外国語大学ロシア語科卒業。時事通信社に入社、外信部、バンコク支局、モスクワ支局、ワシントン支局、外信部長を歴任。2011年、同社退社。現在、拓殖大学海外事情研究所教授。国際教養大学東アジア調査研究センター特任教授。著書に『クレムリン秘密文書は語る―闇の日ソ関係史』(中公新書)、『独裁者たちへ!!―ひと口レジスタンス459』(講談社)、『ジョークで読む国際政治』(新潮新書)、『独裁者プーチン』(文春新書)など。
comment:0
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
最新コメント
最新トピック
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順