オバマ大統領「弾劾」をめぐる与野党の「計算」

足立正彦
執筆者:足立正彦 2014年7月30日
カテゴリ: 国際
エリア: 北米

 バラク・オバマ大統領が民主党の「希望の星」として全米に華々しくデビューしてから10年が経過した。同党の2004年大統領候補としてジョン・ケリー上院議員(当時)を正式に擁立するため、全米各地から選出された民主党の代議員がマサチューセッツ州ボストンに集結した全国党大会初日に、当時、イリノイ州選出連邦上院議員選挙に民主党候補として出馬していたオバマ氏が、激しい党派対立から脱却し「保守のアメリカもなく、リベラルなアメリカもなく、1つのアメリカを」と訴える基調演説を行ったのが、ちょうど10年前の7月27日であった。

 当時、筆者はワシントンに勤務しており、民主党全国党大会でのオバマ氏のパワフルな基調演説と党大会会場の熱狂的な聴衆の反応を伝えるテレビの生中継を観ながら、魅力的な若手政治家の登場に鮮烈な印象を受けたことをまるで昨日のように思い出すことができる。その後、オバマ氏は2007年2月に地元イリノイ州スプリングフィールドで民主党大統領候補指名獲得争いへの出馬表明を行い、ヒラリー・クリントン上院議員との激しい戦いを制し、上院議員在任わずか1期目で彗星のごとく大統領の座へと駆け上がっていった。

この記事は役に立ちましたか?
フォーサイト最新記事のお知らせを受け取れます。
この記事をSNSにシェアする
執筆者プロフィール
足立正彦
足立正彦 住友商事グローバルリサーチ シニアアナリスト。1965年生れ。90年、慶應義塾大学法学部卒業後、ハイテク・メーカーで日米経済摩擦案件にかかわる。2000年7月から4年間、米ワシントンDCで米国政治、日米通商問題、米議会動向、日米関係全般を調査・分析。06年4月より現職。米国大統領選挙、米国内政、日米通商関係、米国の対中東政策などを担当する。
comment:2
icon
  • 記事の閲覧、コメントの投稿には、会員登録が必要になります。
フォーサイトのお申し込み
注目記事ランキング
  • 24時間
  • 1週間
  • f
  • 新着
  • 高評価
  • コメント数順